All in One SEO Pack プラグイン設定

ブログ運営

All in One SEO Packはワードプレスのプラグインの中でも特に利用者が多い必須級のプラグインです。

しかし機能も多く設定項目も難しいので、最初は最低限の基本的な設定をします。

All in One SEO Packをインストールする

ワードプレスのダッシュボード左のメニューからプラグインを選択し「新規追加」をクリックします。

次に右側の検索窓に「All in One SEO Pack」と入力し今すぐインストールをクリックします。

インストールが完了したら忘れずに有効化をクリックしましょう。

All in One SEO Packの一般設定をする

一般設定

有効化するとダッシュボードの左メニューに「All in One SEO」という項目が追加されるのでクリックし設定していきます。

まず一般設定は特に理由がない限り初期設定のままで問題ありません。

Canonical URL

URLが異なる重複または類似したコンテンツがある場合に、この項目にチェックを入れておけば自動でcanonicalタグを挿入し検索エンジンによるページの評価が分散することを防げます。

Googleなどの検索エンジンは検索語からユーザーに最適なコンテンツを表示しますが、コンテンツが重複したページがあるとどのページを優先すればいいのかわからないことがあり検索エンジンからの評価に影響してしまいます。

元のタイトルを利用

他のプラグインやテーマでページタイトルを設定する場合は「有効」にチェックをしますが、All in One SEO Packでタイトルを設定する場合は「無効」にします。

Schema.org マークアップを使用

検索エンジンに対し、より正確なサイトの情報を伝えられるようになります。

ホームページ設定

ホームタイトルの枠にブログのタイトルを記入し、ホームディスクリプションにはブログの説明文を載せます。

ここで入力した文章が検索結果に表示されるようになります。

ウェブマスター認証

ここにGoogle Search ConsoleBing Webmaster Toolsで取得したcontent属性の値をコピーして貼り付けます。

Google Search Consoleウェブマスター認証の方法

Bing Webmaster Toolsに登録する方法

それにより検索エンジンの分析ツールの認証が行えます。

Google設定

次にGoogleアナリティクスIDを取得し入力することで、サイトを見に来てくれた人がサイト内でどう動いたのかを計測することができます。

GoogleアナリティクスIDを取得しAll in One SEO Packに登録

Noindex設定

検索エンジンにインデックスさせたくないページを設定できます。

ブログの記事以外をインデックスさせてしまうと、内容が重複していたり薄いと検索エンジンから判断されてしまうことがありますのでサイトの評価に関わってきます。

All in One SEO Pack機能管理からXMLサイトマップを簡単作成

webサイト内にどんなページやカテゴリがあるのかを検索エンジンに伝えるためにXMLサイトマップを作成します。

XMLサイトマップを作るプラグインとしては「Google XML Sitemaps」も有名ですが、All in One SEO Packにも作成機能が備わっています。

XML サイトマップの有効化

All in One SEO Packの機能管理を選択し、XMLサイトマップをクリックしアクティブにします。

XMLサイトマップがアクティブになると左のメニューから「XMLサイトマップ」が選べるようになるのでそこから設定していきます。

XML サイトマップの設定

ほとんどの項目はデフォルトの設定のままで問題なくサイトマップが生成されますが、一部変更した方がいい場合もあります。

XML サイトマップの更新頻度を決める

更新の予約は毎日・毎週・月の中から、自身のブログの更新頻度に合わせて変更しておきます。
更新頻度が低い場合は毎日を選ぶのはやめておきます。

投稿タイプとタクソノミー

サイトマップに表示したい項目にチェックを入れます。

ワードプレスに画像をアップロードすると、画像だけのページが生成されます。
非常にシンプルなページなので検索エンジンから内容が薄いと評価が下がってしまうかもしれませんのでチェックを外します。

タクソノミーはカテゴリーとタグにチェックします。

サイトマップを表示し確認する

設定画面の上の「サイトマップを更新」をクリックし、XMLサイトマップを確認します。

ここで出てきたURLをGoogle Search ConsoleBing Webmaster Toolsに登録すれば設定完了です。

コメント