BackWPupプラグインでWordPress丸ごとバックアップ

ブログ運営

「BackWPup」はWordPressを丸ごとバックアップできるプラグインです。

プラグインの中でもバックアッププラグインは優先度が高いです。

またBackWPupは自動でバックアップすることもできるので便利です。

BackWPupをインストール

プラグインをインストールするには、ワードプレスのダッシュボード画面からプラグインを選択し「新規追加」をクリックします。

キーワードに「BackWPup」と入力し「今すぐインストール」をクリックし有効化します。

BackWPupの自動バックアップ設定方法

「ファイル」と「データベース」に分けて設定していきます。

まずはファイルの自動バックアップを行います。

ファイルの自動バックアップ手順

BackWPupを有効化するとダッシュボード左にメニューが追加されています。

その中から「新規ジョブを追加」をクリックします。

一般設定

このジョブの名前
バックアップの設定の名前ですので、わかりやすい名前をつけます。

このジョブは…
バックアップする対象を選択します。ここでは「ファイルのバックアップ」にチェックを入れます。

アーカイブ名
バックアップされたファイルの名前です。設定はデフォルトのままでOKです。

アーカイブ形式
圧縮形式を選択します。「Tar GZip」にチェックを入れます。

バックアップファイルの保存方法
保存する場所は「フォルダーへバックアップ」を選択します。

ログ送信先メールアドレス
バックアップのログが送信されるアドレスを指定します。

メール送信元
メールのタイトルに表示されます。

エラー
バックアップ中のエラーが出たときのみメールを受け取るためチェックを入れます。

設定が完了したら「変更を保存」をクリックします。

スケジュール設定

自動バックアップのスケジュールを設定します。

ファイルのバックアップはサーバー容量に負担がかかり過ぎないように一週間ごとに設定します。

ジョブの開始方法
「WordPressのcron」を選択することで自動でバックアップできます。

スケジューラーの種類
「基本」にチェックを入れます。

スケジューラー
バックアップを実行する時間を設定します。
できるだけアクセスが少ない時間を設定した方がいいです。

設定が完了したら「変更を保存」をクリックします。

ファイル設定

バックアップするファイルを選択する項目ですが、ここは全てデフォルト設定のままで大丈夫です。

宛先:フォルダー設定

バックアップを収納するフォルダー
サーバー上のバックアップしたファイルを保存する場所を指定します。わかりやすい名前をつけておきます。

ファイルを削除
バックアップしたファイルを保存しておく個数を指定します。
3か月分を保持しておくので「12」にしておき「変更を保存」します。

データベースの自動バックアップ手順

ファイルのバックアップの次はデータベースのバックアップ設定を行います。

ファイルのバックアップの時と同じように「新規ジョブを追加」をクリックして設定していきます。

一般設定

このジョブの名前
バックアップの設定の名前です。ファイルのバックアップの時とは違う名前をつけます。

このジョブは…
バックアップする対象を選択します。ここでは「データベースのバックアップ」と「インストール済みプラグイン一覧」にチェックを入れます。

アーカイブ名
バックアップされたファイルの名前です。設定はデフォルトで大丈夫です。

アーカイブ形式
圧縮形式を選択します。「Tar GZip」にチェックを入れます。

バックアップファイルの保存方法
保存する場所は「フォルダーへバックアップ」を選択します。

ログ送信先メールアドレス
バックアップのログが送信されるアドレスを指定します。

メール送信元
メールのタイトルに表示されます。

エラー
バックアップ実行時にエラーが出たときにメールを受け取るようにチェックを入れます。

設定したら「変更を保存」をクリックして完了です。

スケジュール設定

データベースのバックアップのスケジュールは、ファイルに比べて容量が少ないので毎日に設定します。

ジョブの開始方法
「WordPressのcron」を選択することで自動でバックアップすることができるようになります。

スケジューラーの種類
「基本」にチェックを入れます。

スケジューラー
バックアップを実行する時間を指定します。
できるだけアクセスが少ない時間を設定した方がサーバーに負荷がかかりません。

「設定を保存」をクリックします。

DBバックアップ設定

バックアップするテーブル
バックアップを取るファイルの種類を選択します。
すべてにチェックを入れておきます。

バックアップファイル名
デフォルトのままで大丈夫です。

バックアップファイルの圧縮
「GZip」を選択して「変更を保存」をクリックします。

プラグイン設定

この項目は全てデフォルトのままでOKです。

圧縮も元々のサイズが小さいので「なし」で大丈夫です。

宛先:フォルダー設定

バックアップを収納するフォルダー
サーバー上のバックアップしたファイルを保存する場所を指定します。わかりやすい名前をつけます。

ファイルを削除
バックアップしたファイルを保持しておく数を指定します。
毎日バックアップするので1か月分で「30」にしておき「変更を保存」します。

これでファイルとデータベースの自動バックアップ設定は完了です。

バックアップファイルをパソコンにダウンロードする

サーバー上に自動バックアップされたファイルをパソコンにダウンロードしておけばさらに安全です。

バックアップファイルをダウンロードする方法

コメント