「Google Chrome」キャッシュを削除する方法

ブログ運営

新しく更新されたはずのウェブページを開いても、いつまでたっても同じページしか表示されないということがあります。

そういうときにはブラウザに保存されているキャッシュを削除することで解決します。

キャッシュを削除するメリット

ブラウザでウェブページを開いたときに画像や文章、スクリプトがキャッシュファイルとして保存されます。
次に同じページを表示するときにそのキャッシュ情報を参照することで、ページの表示が速くなります。

しかしキャッシュ情報が残っていることで新しい更新が反映されずに表示され続けてしまうことがあります。

キャッシュを削除することで更新されたページが表示されるようにもなり、またHDDの容量も削減されます。

「Google Chrome」キャッシュ削除方法

まずGoogle Chromeの画面右上の点が三つ並んだボタンをクリックし、出てきたメニューの中から「その他のツール(L)」をクリックします。

メニューの中から「閲覧履歴の消去(C)」をクリックします。

基本タブの中から期間と「キャッシュされた画像とファイル」を選択し、問題がなければ「データを消去」をクリックします。

これでGoogle Chromeのキャッシュは削除されます。

また「閲覧履歴」や「Cookieと他のサイトデータ」はこの場合削除する必要がなく、今後使用するかもしれないのでチェックを外しておいたほうがいいです。

コメント