記事タイトルはh1・見出しタグの使い分け

ブログ運営

ブログを書くなら見出しタグ(h1~h6)を使うことになります。

見出しタグは単純な文字の装飾とは違い、使い方にはルールがあります。

見出しタグ(h1~h6)ルール

見出しタグはHTMLコードでは<h1>タイトル</h1>のように表記されます。

記事や文章の標題を表していて一般的に少し大きな文字で表示されます。

h1~h6の大きい順番に使う

見出しタグはh1から大きい順番に使うというルールがあります。

ブラウザに表示されるときのデザインで選ばないようにします。

デザインを装飾する場合はHTMLではなくCSSで指定します。

h1タグの使用は1回にする

一番大きな見出しであるh1はページ内に一度しか使わないようにします。

ブログのトップページのみ「ブログタイトル」がh1になり、その他の記事ページは「記事タイトル」がh1になっているのが一般的です。

h2~h6は何回使ってもOKです。

見出しタグだけで文章を書かない

見出しタグで標題を書いた後には必ず<p>タグで内容の文章を書きます。

WordPressで見出しタグを使い分ける

ワードプレスで記事を書く場合あまり使い分けを意識しなくても使い分けられます。

ダッシュボード左メニューから「投稿→新規追加」で記事を書いていきます。

新規記事を投稿する画面の最初の「タイトルを追加」には記事のタイトルを書きますが、ここにh1タグが使われます。

「文章を入力、または/でブロックを選択」と書かれたブロックに文章を書くと、段落か見出しか選択できるメニューが出てきます。

「見出し」という項目をクリックすることで、書いた文章を見出しとして設定できます。

h2からh4までこの画面で選択できます。

もう一度<p>タグの「段落」に戻すこともできます。

こうして「見出し」でタイトルを書き、その内容を「段落」で書くということを繰り返して記事を書いていきます。

コードエディターでHTMLコードを確認する

ここまでは「ビジュアルエディター」でしたが記事投稿画面の右上にあるマークをクリックすることで「コードエディター」に切り替えることができます。

<h2>タグや<p>タグが正しく使われているか確認できます。

コメント