代替テキストaltとキャプションの違いと設定方法

ポリゴンスタイル白色背景画像 ブログ運営

記事に画像を挿入するときに「代替テキスト」や「キャプション」という情報をつけることができます。

代替テキストは全ての画像につける

代替テキストとはその画像がどのような画像なのかを説明するテキストのことで、HTMLでは「alt=”画像の説明のテキスト”」と記述し「alt属性」と呼ばれます。

WordPressで画像を挿入したときには空白でも投稿できますがHTMLのルールでは空白のままは推奨されていません。

代替テキストには以下のような役割があります。

  • 検索エンジンのロボットに対して画像の内容を伝える
  • ウェブページの表示が遅い時や画像が表示されなかったときに代わりに表示される
  • 記事を音声で読み上げてくれるソフトを使った際に代替テキストを読み上げる

代替テキストは画像の内容を簡潔に具体的に伝えることが大切です。

代替テキストとキャプションの違い

キャプションは画像の下に表示される説明文です。

代替テキストが画像の代わりであるのに対し、キャプションは画像を見ただけでは読み取れない情報を説明します。

キャプションはその画像について伝えたい内容があるときにつければ問題ありません。

WordPressで代替テキストやキャプションを記述する方法

画像ブロックのタブから「画像を編集」をクリック

記事に挿入した画像ブロックの設定タブから「画像を編集」をクリックします。

メディアライブラリで画像にテキストを記述する場所

メディアライブラリで画像を選択すると右側に「キャプション」や「代替テキスト」を記述できます。

ダッシュボードからメディアライブラリを選択

またダッシュボードから「メディア→ライブラリ」を選択することでも可能です。

コメント