WordPressプラグインでクラシックエディタにする方法

ブログ運営

2018年12月にリリースされたWordPress 5.0から標準エディタがGutenberg(グーテンベルク)に変更になりました。

Gutenbergはブロックを使った編集方法なので直感的に操作できます。

その反面HTMLコードを細かく指定したいときなどには以前のエディタのほうが使いやすいこともあります。

Classic Editorプラグインをインストールする

Classic Editor」というプラグインをインストールすれば以前のエディタを使うことができます。

WordPressダッシュボードから「プラグイン→新規追加」を選択します。

キーワード「Classic Editor」と検索し「今すぐインストール」し有効化します。

Classic Editor設定

Classic Editorは有効化したらすぐにエディターが変更されますがGutenbergのブロックエディタに戻すこともできます。

ワードプレス左メニューから「設定→投稿設定」をクリックします。

投稿設定に項目が二つ追加されていてエディターを切り替えられます。

コメント