ワードプレスCSSカスタマイズをする前に

ブログ運営

WordPressはテーマに備わった機能によっては十分にデザインをカスタマイズすることができます。

もっとこだわったデザインにするならCSSファイルを編集することになります。

CSSのカスタマイズはウェブサイト全体の表示に関わるので必ずバックアップしてから行うようにします。

子テーマを有効化する

CSSをカスタマイズなら子テーマを有効化することをおすすめします。
(親テーマと子テーマを両方インストールし子テーマのほうを有効化する)

子テーマを設定せずに親テーマを直接編集してしまうと、親テーマがアップデートしたときに変更が全てリセットされてしまいます。

気に入ったテーマを見つけたときに子テーマも用意してくれていることもありますが、もし見つからなかったときには自分で作成することもできます。

WordPressで子テーマの作り方

WordPressでCSSを編集する方法

外観→テーマの編集

WordPressダッシュボード左メニューから「外観→テーマの編集」を選択します。

「編集するテーマを選択」で子テーマが選択されていることを確認します。

編集するファイルは「スタイルシート(style.css)」を選択しカスタマイズしていきます。

外観→カスタマイズ

もっと簡単なのは追加したいカスタマイズだけを追加していく方法です。

ダッシュボード左のメニューから「外観→カスタマイズ」を選択します。

ウェブサイトの変更を確認しながらカスタマイズできるライブプレビュー画面になります。

左のメニューから「追加CSS」をクリックすることでCSSを確認しながら追加できます。

コメント